育児疲れのピークはいつか?

育児疲れのピークはいつか?

 

育児、大変ですよね。
男性にはあまり理解されないことが多いのですが、本当にやってみるとすごく疲れます。

 

では、育児でどの時期が一番疲れるのかをご紹介します。もちろんその子その子によりますので、絶対とは限りません。しかし、多くの方が感じてるピークを知ることで心構えを持つことはすごく大切です。

 

夜泣き時期

とにかく寝れない!というのは非常にストレスになりますし、いつ寝てくれるのかわからないというのもすごくストレスを抱える原因になります。特にロングスリーパータイプの人はここが一番ツライと感じることが多いようです。

 

これは寝不足による体力的な話ですが、睡眠不足はそのまま精神にも影響しますのでここでつまずいて、育児ノイローゼになってしまうお母さんも多いようです。

 

いやいや期(反抗期)

3歳前後で訪れる何に対しても拒否をする時期。子供の自立のための大切な時期とわかってはいても、人間は断られることに非常に強いストレスを感じるもの。

 

体力的にというより、精神的に育児疲れしてしまうのはこの時期がピークと答える方も多いようです。

 

思春期(教育期)

幼稚園入園から大学まで長い教育期間に入ります。ここは教育ママさんほどストレスを抱えやすいようです。また、それに対して子供が反発することで忘れていたはずの「いうことを聞いてくれない」が今度は口を達者にして行われるためストレスはひどいようです。

 

また、入る学校によるヒエラルキーやママ友との人間関係で悩む方も多いようです。
特に交流が激しい幼稚園、小学校、中学校までは子供とは別のストレスを生む原因となるようです。

 

育児疲れを改善するには?

子供による疲れは子供のいないところでしか取れません。
預かってくれるような人がいない場合は、市町村の多くで一時保育施設があるところがほとんどですので、定期的に育児から解放できる時間を一人でも作ることは可能です。
勇気をもって人を頼ることも大切です。

 

育児は自分一人でやる必要はないんです。
使えるものはなんでも使ってお母さんは元気に子供に接するのが大切です。

 

また、ホルモンバランスの安定のためにすっぽんサプリメントもおすすめです。
すっぽんには、アミノ酸、ビタミン、ミネラル、コラーゲンが豊富に含まれており、疲れでボロボロになった肌を改善してくれる効果が期待できます。

 

健全な精神は健全な肉体に宿る、というのは本当のことで、すこしだけでも自分に気を使ってあげてみてはいかがでしょうか?

 

育児疲れにおすすめのすっぽんサプリランキング

関連ページ

育児疲れの症状
育児疲れの症状についてご紹介します。
育児疲れでなにもしたくないあなたへ
育児疲れでなにもしたくないあなた、少しお話聞いてください。
育児疲れについて旦那の理解が得られない
育児疲れについて旦那の理解が得られない時の対処法などをご紹介します。
2歳の育児疲れをしたら試したいこと3つ
2歳の育児疲れをしたら試したいことを3つご紹介します。
1歳の育児疲れ、解消法は?
1歳の育児疲れには?解消法をご紹介します。
消えたいくらい育児に疲れたあなたへ
消えたいくらい育児に疲れたあなたへの処方箋